top of page

全国労働基準関係団体連合会(全基連)の事業のご案内

​​ 公益社団法人全国労働基準関係団体連合会広島県支部

   〒730-0012 広島市中区上八丁堀8-23 林業ビル8階

      電話:082-224-0832 FAX:082-224-1450

​​「個別労働紛争解決研修」の「基礎研修」と「応用研修」をWEB 方式により開催します。 R4/6/23 

 1(公社)全国労働基準関係団体連合会では、本年度の「個別労働紛争の防止・解決のための労働法制普及・啓発事業」の推進にあたり、「基礎研修」と「応用研修」をWEB 方式により開催します。(有料研修)

   WEB 方式による基礎研修(受講資格制限なし)は、オンデマンドによる事前学習を組み合わせることにより、ライブ配信を1日で行う研修となっております。

   また、基礎研修は、企業内の個別労働紛争を未然に防ぐとともに、発生した紛争を早期に、適切に対処することができる人材を育成することを目的として毎年実施しています。

   研修の概要は、「個別労働紛争解決研修のご案内」をご覧ください。

   ・事業の内容と申し込みは、全基連ホームページをご覧ください。

​    (お申し込みは、全基連ホームページの「応募フォーム」からのみ受付いたします。)

 2「個別労働紛争の防止・解決のための労働法制普及・啓発事業」の「労働判例・政策セミナー」(無料)は、最新の労働判例や労働法制の基礎的知識について分かりやすく解説するものです。

   詳細は、【全基連ホームページ】をご覧ください。

​​外国人在留支援センターにおける外国人特別相談・支援室のご案内 R2/12/15更新

 外国人労働者を雇用する事業主のみなさま等からの安全衛生に関する相談に応じる「安全衛生班」がフレスク内に設置され業務を開始しています。
 安全衛生班では、外国人労働者を雇用する事業場の安全衛生管理担当者を主な対象として、外国人労働者の安全衛生管理のポイントを解説するなどの外国人労働者安全衛生管理セミナーを全国6ブロックで各1回計14回開催しています。

 安全衛生班では、希望する事業場には、安全衛生管理の専門家が訪問して外国人を雇用する上での対応策や留意点を個別に安全衛生診断・改善指導するなど支援しています(先着50事業場)。

 本事業の内容や、外国人労働者を雇用される事業主様等からの安全衛生に係る相談対応、セミナーの開催、個別訪問支援 につきましては、

 ●リーフレット「厚生労働省委託 外国人安全衛生管理支援事業」をご覧ください。

 ●HP「厚生労働省委託 外国人安全衛生管理支援事業」をご覧ください。

 ●「外国人在留支援センター」のご案内をご覧ください。

​ ●HP「外国人在留支援センター」

​​外国人技能実習制度関係者養成講習のご案内 R2/7/21更新

 外国人技能実習法が平成29年11月1日に施行され、技能実習の適正な実施及び技能実習生保護するため、監理団体には監理責任者等講習を、実習実施者には技能実習責任者講習の受講を義務付け、また、技能実習指導員講習及び生活指導員講習の受講を推奨しています。

bottom of page